無料エロ動画 xvideosダウンロード

あったらいいなを現実に。日本人のXVIDEOS無料エロ動画まとめサイトです。

当サイトは成人向けサイトですので未成年者はただちに退出してください。

【重要】2014年5月29日からXVIDEOSが見れない、画像の表示がされない方はこちら

「里美ゆりあ」の無料エロ動画 xvideosダウンロード

RSS: 無料エロ動画 xvideosダウンロード

里美ゆりあのXVIDEOS無料エロ動画です。

AV女優里美ゆりあは、1984年12月17日生まれの29歳、神奈川県出身のAV女優。血液型はAB型。
AV女優で結成されたアイドルグループ恵比寿マスカッツの6期生としてグループ解散まで活躍した。所属事務所はティーパワーズ。

2008年、ビッチの巣窟・痴女専門メーカー「美」の専属女優として『NEW ARRIVAL』でデビューした。その後、MOODYZへ移籍した。

小悪魔的な魅力を放つ痴女系AV女優。
完璧すぎる美しい顔と完璧過ぎるスタイルの持ち主であり、男性を誘惑するような小悪魔的な雰囲気を持つ女優。外国人のようなハーフ系の顔立ちにも見える。
美しい美白肌が特徴で、滝川クリステルと元AKB48の篠田麻里子を足して割ったようなルックスに、笑った表情は長澤まさみや優木まおみを思わせる。

スリーサイズは86 – 58 – 84cmでバストサイズはDカップ。身長は158センチ。
責められるシチュエーションのM女モノよりも、生来の痴女性を活かした淫語責めや手コキ・足コキ責め、寸止めプレイなどの作品が多い。激しいフェラチオも見せ、ぶっかけモノや精子ごっくんモノといった作品へも出演した。また、プライベートではアナルセックスの経験が一度しかなかったが、AVではアナルセックスを解禁した。聖水・放尿もこなし、作品中では男優の顔にオシッコをぶっかけている。
MOODYZへの移籍前であったが、同メーカーから発売された芦名未帆とのレズ作品にも出演している。

美痴女系AV女優として人気があり、2012年に行われたオールタイムベスト女優を選ぶアダルトビデオ30周年記念企画において、ファンによる人気投票では12位になった。

デビュー前から騎乗位をするなど痴女ぶりが目立つが、本人によるとデビューから時間が経った今では姐御という認識でいる。
AV女優としてデビューしてから、プライベートでのSEXが面倒になったとインタビューで発言している。また、オナニーの回数が増えてしまい、多い時には一日に8回もオナニーをしてしまったこともある。オナニーの際には通販で購入したローターを愛用している。
オナニーは毎日の日課になっており、ネタ無しで3秒でイケると豪語している。または、自身が出演した作品をオカズにしている。

性感帯は、マンコの周りと尻。マンコの周りを触られたり舐められるのが良いらしい。また、挿入中に尻を揉まれるのが好きだと答えている。
好きな体位は正常位。

その美貌から予想出来ない自由奔放な性格と軽快なフリートークが魅力であり、ファンからの評価も高い。
テレビ東京で放送されていた人気深夜番組『おねだりマスカット』では、問題児キャラという位置付けだった。番組では「たけのこの里に美しいと書いて、里美ゆりあです」と自己紹介した。
また、番組MCでもあるおぎやはぎや大久保佳代子にも尊大な態度で臆せず絡み、破天荒な行動を見せることもあった。
「小奥」のエリマキトカゲでブレイクのきっかけを得ると、あまりにも自由奔放なキャラクター性から、「ADゆりあさん」という大喜利コーナーを任された。ADに扮し、出演者に指示を出すというものであったが、あまりにも自由過ぎる行動を取るため、指示を出された出演者が困惑するシーンが頻繁に見られた。
しかし、共演したAV女優陣のブログなどでは、世話焼きで気が利く姐御肌と評されている。
同番組の紅白歌合戦スペシャルでは、女性スタッフとともに日本語ラップの代表曲「DA.YO.NE」を歌い、ラップを披露した。
番組内では度々爆弾発言をしており、「同番組を1日4本分撮影しても、ギャラは5千円」という爆弾発言は話題になった。

全国の店舗で開催されるDVD発売イベントは入手困難になるほどの人気ぶりで、イベントには大勢のファンが駆けつけることでも有名。カレーパーティーや温泉ツアーなども開催している。
イベントではポイと呼ばれるジャグリングの一種も披露しており、ジャグリングの講師に習ったことや個人練習によって習得したものであると語っている。

里美ゆりあ名義で作品に出演するようになった以前は、2003年から小泉彩という名義で活動し、お嬢様系女優としてAV作品へ出演していた。
小泉彩名義時代のプロフィールからは、デビュー前には夜の仕事をしていたこと、新宿でスカウトされたのがAV業界へ足を踏み入れるきっかけとなったことが分かっている。

また、ドラマシーンが苦手でアドリブでの演技の方が得意であると語っていた。
しかしながら、2006年には河崎実監督のコメディ映画『かにゴールキーパー』にソープ嬢役として出演している。この映画の共演者には、藤岡弘、や竹中直人、清水ミチコなどの有名俳優がいた。

役柄だけではなく、AVデビュー前から痴女性を発揮していた。
初体験は小学校6年生の時で、相手はブラジル人の男友達だった。初体験の場所は住んでいたマンションの階段の踊り場だった。初体験の際に人生初のフェラチオも経験している。
変わったSEX体験として、初体験から数ヶ月後に男性3人と4Pをしたり、高速道路の路肩で立ちバックや運転中にセックスしたという経験があることを告白している。
バレンタインに関するエッチな思い出として、自らの乳首に5円チョコを付け「舐めて」と誘ったことを挙げている。
初めてのオナニーをしたのは6歳で、股間をタオルケットに擦り付ける方法だった告白している。
今までの体験人数を覚えていないほどセックスが好きだと公言している。彼女にとってセックスは挨拶みたいなものだとも答えている。
彼氏がいれば浮気をしないが、フリーの状態であれば男性とのセックスに寛容である。
セックスに関しては寛大な考えを持つ彼女であるが、コンドームをつけることは最低限のマナーだと考えている。コンドーム無しでのセックスのために嘘をつく男性や、後背位の際にコンドームをはずす男性は最低だと言っている。

AV男優のことは尊敬しており、「優しいし清潔で、お尻の穴までどこを舐めても無味無臭だから」と発言している。

男性の好みのタイプはジャニーズ系で、三浦翔平であると答えている。イケメンにイタズラをしたいという理由のためである。
好みのチンポについては、デカチンコよりも普通サイズで固いペニスが好きと答えている。母性本能をくすぐられるという理由で仮性包茎の早漏好きでもある。

趣味は映画鑑賞であり、眠れない日には映画を観て過ごすこともある。好きな映画として『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を挙げ、ラジオ番組で同映画のテーマ曲を紹介したこともある。
愛犬にも、この映画の主人公である「マーティ」という名前をつけている。

2013年3月には、ポニーキャニオンのアクション映画ブルーレイ&DVDキャンペーンガールを務めた。同キャンペーンのインタビューにおいて、人気アクション映画『エクスペンダブルズ2』のジェット・リーが理想の男性だと答え、その理由について「冷たそうだけど、キスしてくれそうで魅力的だから」と答えた。

2012年には、カワノゴウシ監督のドラマ『ギャル議員』で主演を務めている。
ドラマの内容は、大物議員の娘でありながら家を飛び出しキャバクラ譲として働いていた藤堂ひなた(里美ゆりあ)が、父の訃報をきっかけに議員に立候補する。当初は周囲から半ば強制されての立候補であったが、選挙戦を経験していく中で自分の人生を見つめ直すというストーリーだった。

また、テレビ朝日で2012年に放送された高橋克典主演の深夜ドラマ『匿名探偵』では、第5話に出演。デリバリーヘルス嬢という役柄をこなした。本人は演技が苦手らしいが、ドラマに出演した際には無難な演技を見せており、演技力自体は本人が思っているほど酷いわけではない。

新メンバーオーディションについて放送した『めちゃ×2イケてるッ!』のスペシャルにも、オーディションに参加した恵比寿マスカッツのメンバーとして出演していた。

夢は欽ちゃんの仮装大賞に出ることであり、子どもの頃からの夢である。
2011年に放送された番組『おねだりマスカットSP!』において、欽ちゃんの仮装大賞に出ることが夢であることを語り、恵比寿マスカッツのメンバーで出たいと発言した。

写真集『増刊 里美ゆりあ』を2013年にリリース。
人気女優の証であるカレンダーも、2013年からリリースしている。

エイズ予防の啓発活動を行う団体「世界が繋がる-RIBBON IN OUR HEART PROJECT-」のチャリティーに参加。彼女の写真がデザインされたレッドリボンTシャツが発売され、収益の一部は公益財団法人エイズ予防財団へ寄付される。

六本木のAV女優専門キャバクラRedDragonに所属している。
お酒を好み、同じく恵比寿マスカッツのメンバーでもある栗山夢衣のTwitterでは、「酒と自由を奪われたら、死んだ方がマシ」というコメントとともに里美ゆりあの写真がアップされている。

恵比寿マスカッツや番組で共演した、山中絢子、児玉菜々子、栗山夢衣、坂本りおんと「ペ部」という部活動をしている。名前の由来は「ペーペーの5人だから」。活動内容としては、陶器作り体験やそば打ち体験、サファリパークへ行くことなど。

自らの出演作ベスト作品として『夫に売られた奴隷人妻』を選んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加