無料エロ動画 xvideosダウンロード

あったらいいなを現実に。日本人のXVIDEOS無料エロ動画まとめサイトです。
削除された動画を表示させないプログラムを導入する事で、全動画が閲覧可能になりました。
勿論騙しリンクはありません。

当サイトは成人向けサイトですので未成年者はただちに退出してください。

「川上ゆう」の無料エロ動画 xvideosダウンロード

RSS: 無料エロ動画 xvideosダウンロード

川上ゆうってどんなAV女優?

川上ゆうは1982年(昭和57年)3月3日生まれの魚座、東京都出身、趣味特技はDVD鑑賞と水泳で自身は元トライアスロン競技者、血液型はB型、身長150㎝、3サイズはB83-W59-H83、ブラのサイズはDカップ、柔和で官能的な美貌とムチムチとした肉付いたボディがいやらしくて魅力的なワイズプロモーション所属の熟女系のAV女優です。

2004年に『森野雫』の名前でAVデビューした川上ゆう。その後、2007年に一度引退しています。

その後、2007年9月に名義を現在の『川上ゆう』に変更し、再デビューを果たしました。森野雫の頃はロリ系の痴女というキャラクターとして描かれていましたが、歳月を重ねるうちにロリであることに限界を感じたらしくそのまま引退、その後に復帰して再デビューしました。川上ゆうに改名することで森野雫ではできなかったことを今後やりたいそうです。

ただし、機会があれば再び森野雫の頃のようなロリ系痴女の役もやってみたいそうです。

川上ゆうに改名して以降はSMプレイなどのハードな陵辱プレイもやるようになりましたが、別段お金に困っているわけではなく、本人が楽しいからあえて過激なセックスプレイをやっているとのことです。

森野雫が型にはまったAV女優なら、川上ゆうは好きなようにやりたい放題自由にやるAV女優のようで、改名以降は次々と新作をリリース、欲望の赴くままにどこまでも突き抜けるようなハードなプレイを作品内で演じています。

熟女系AV女優としてますます注目を集める川上ゆう。その人気は高く、2012年1月5日から2月29日まで行われたアダルトビデオ30周年記念企画の人気投票では45位に選ばれるほどです。

人気だけでなく実力も高い川上ゆうはそのAV女優としての活動が認められ、2011年に行われたスカパー!アダルト放送大賞2011では熟女女優賞を受賞、他にもペンスペ熟女アワード2009グランプリや熟-1グランプリ2009、マドンナハウスAV女優大賞など、数々の賞を総ナメにしています。

熟女といえば川上ゆうといっても過言ではなく、その存在感はAV業界においていまだ燦然と輝いています。

AV作品に出演するだけでなく、ファンとの交流に対しても積極的で、撮影会やイベントも不定期で開催しています。

ファンを大切にする姿勢が高く評価されており、好感度も良いAV女優です。

イベントだけでなくネットを通じてもファンと積極的に交流しているようで、AV女優の活動と並列してツイッターとオフィシャルブログ『Kawakami Yuu Blog』を開設、日々自身の手で更新しています。

オフィシャルブログでは新作やイベントの情報を随時公開しており、ブログの情報によれば2014年9月12日に渋谷区のアクトスクエアで行われるイベント『初秋の夜の妖艶会』に出演する予定のようです。

ブログでは他にもプライベートや舞台裏で撮影した写真を公開しており、2014年9月1日のブログではメイクをしている風景を撮影した写真が投稿されています。

ブログと比べてツイッターの投稿頻度は非常に高く、ちょっとしたつぶやきからプライベートで自撮りした写真などを投稿しています。

川上ゆうのアダルト業界以外の活躍

ここ最近は双葉社の『増刊大衆』で連載記事を執筆するなど、楽しい日々を送っているAV女優の川上ゆう。

既に年齢も30歳の半ばに迫る勢いですが、いまだ新人AV女優以上にAV作品に出演するなど、第一線で活躍しています。

そんなAV業界でも目立った存在の川上ゆうですが、アダルト業界以外の場でも活躍することが多く、週刊誌の連載の仕事だけでなくテレビ番組に出演することもあります。

2012年1月7日に放送されたテレビ朝日のドラマ『特命係長只野仁ファイナル』の第2夜『封筒の中身』に出演したのをキッカケに2012年7月にはエンタメ~テレのドラマ『おんせん女優』に出演、2014年7月にはテレビ朝日の人気ドラマ『匿名探偵』の第2期に出演しています。

テレビ放送を通じてますますその知名度を響かせる川上ゆう。ムンムンとした魅力のある熟女である一方で演技力も高い女優であるため、今後もますますテレビ出演の機会が増えていきそうです。

しかし、その真の魅力はやはりAV作品にこそ発揮されています。

川上ゆうのデビュー作とセックス

川上ゆうのデビュー作といえば、2005年3月3日に発売されたAV女優紫彩乃主演の作品『近親白書 母親失格 3』で、当時川上ゆうは『森野雫』名義で紫彩乃の娘役として出演していました。

デビュー後はロリ系AV女優として作品に出演するようになりますが、『川上ゆう』に改名後は熟女系のAV女優として作品に出演するようになります。

川上ゆうと改名して以降は熟女ということで母親もしくは義母役として出演することが多く、その相手となる男性の設定は実の息子や義理の息子であったりと、近親相姦をテーマにした背徳感のあるセックスをすることが多くなります。

プレイの内容もソフトなものだけでなく過激なものも多く、中出しファックは当たり前、失禁アクメに監禁や陵辱、SMプレイなどハードなプレイを着々とこなしています。

ただの近親相姦に興味はない、変態的な母親のセックスを見たいのであれば色気たっぷりの川上ゆうが演じる作品がその期待に応えてくれることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加